自首・出頭したい

1 「自首」とは

「自首」とは、警察などの捜査機関に発覚する前に、犯人が警察などの捜査機関に対し、自分が犯罪を行ったことを申告し、処分を委ねる意思を示すことをいいます。

そして、「自首」が成立すると、裁判官の裁量により刑が減刑されることがあります。つまり、必ず刑罰が減刑されるわけではありません。

「自首」が成立するかどうかでポイントとなるのは、「警察などの捜査機関に発覚する前」と言えるかどうかです。犯罪事実が発覚していても、犯人が発覚していなければ「自首」は成立しますが、単に所在不明であった場合には「自首」は成立しません。

 

2 「自首」と「出頭」との違い

「出頭」とは、犯罪事実や容疑者がすでに発覚している状態で、犯人自ら警察に出向くことをいいます。これは法律用語ではありません。「自首」とは異なり、裁判官の裁量により刑が減刑されることが法律上規定されていません。ただし、出頭することで反省していると考えられて、結果的に刑罰が軽くなる可能性はあります。

結局のところ、「自首」であっても、「出頭」であっても、絶対ではありませんが、最終的な刑罰が軽くなる可能性がある点は共通です。

 

3 「自首」・「出頭」のメリット

まず、「自首」や「出頭」が行われると最終的な刑罰が軽くなる可能性があるというメリットがあります。

また、犯罪の性質にもよりますが、事実上、「自首」や「出頭」によって逮捕・勾留されにくくなるというメリットもあります。なぜならば、「自首」や「出頭」をするような人であれば、逃亡したり、証拠を隠したり、被害者や目撃者などを脅したりしないだろうと警察などの捜査機関も考えるからです。

 

4 「自首」・「出頭」のデメリット

一番のデメリットは、事件が起こったことが警察などの捜査機関に発覚するということです。そのまま「自首」や「出頭」をせずに放っておけば、警察などの捜査機関が動かなったかもしれないのに、「自首」や「出頭」により事件が発覚し、処分がされる可能性があることです。

ただ、この場合であっても、それぞれの犯罪の公訴時効がくるまで放置しておく必要があり、精神面で負担はあるでしょう。

また、ごく一部の例外を除き、あくまでも任意的に減刑がなされるにすぎないという点も注意が必要です。

大津など滋賀県で警察署への自首や出頭について迷われている方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご連絡ください。弊所では、大津など滋賀県内の事件について、自首や出頭対応も含め、刑事事件・少年事件を専門に取り扱う弁護士による無料の法律相談を行っています。関係者が滋賀県で逮捕されてしまった場合でも、最短当日に、弁護士が直接本人のところへ出張面会しに行く初回接見サービスもご用意しています。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー