逮捕されたら

1 逮捕とは

逮捕とは、犯罪を行なったと疑われている人(いわゆる「容疑者」。正式には「被疑者」といいます。)が逃げたり、証拠を処分したり、他の人と口裏を合わせたりすることを防ぐ目的で、身体を比較的短期間拘束する処分です。

比較的短期間というのがどのくらいの長さかというと、基本的には72時間です。ただし、逮捕したのが誰なのかによって若干異なります。

 

2 逮捕の種類

逮捕には、通常逮捕、現行犯逮捕、緊急逮捕の3種類があります。

まず、通常逮捕とは、裁判官が出した許可状(いわゆる「逮捕状」。)に基づいて、被疑者の身体を拘束することです。自宅に警察官が押し寄せて逮捕するというシーンをニュースやドラマなどで見かけたことがあるかと思いますが、それはこの通常逮捕を行っているシーンです。

次に、現行犯逮捕とは、犯罪を行っている人や、犯罪を行い終わった直後の人を逮捕することです。この場合、逮捕状はいりません。また、現行犯逮捕は、警察官などではない一般の方でも行うことができます。

そして、緊急逮捕とは、一旦、逮捕状のない状態で逮捕した上で、事後的に裁判官に逮捕状を出してもらう逮捕です。もっとも、緊急逮捕が行えるのは、現行犯逮捕できるような犯行の直後ではありませんが、その人が犯罪を行なったと高度に疑われる場合で、逮捕状をとる余裕のない緊急の場合に、限られます。

 

3 逮捕されたらどうなるか?

逮捕されると、通常、警察の留置場というところに入れられ、身体拘束されることとなります。

最長で72時間拘束され、この間に、警察や検察からの取調べを受けます。

その後、検察官が、より長期の身柄拘束(「勾留」といいます。)をすべきかどうかを判断します。

その結果、勾留すべきとなれば、検察官は、裁判所に対して勾留を請求し、裁判所が、勾留すべきかどうかを決めます。

検察官が勾留請求をすると多くの場合認められますから、最初10日間、最長20日間身体拘束されることとなります。

 

4 逮捕に関してのQ&A

①警察官が自宅に来て連れていかれてしまいました。これは逮捕ですか?

逮捕状を示していれば、逮捕です。

逮捕状を示されていなければ、任意同行ということになります。

しかし、警察は逮捕状を持っていたとしても、いきなり逮捕をせず、最初は任意同行を求めるということがあります。そのため、任意同行だからといって、その後も逮捕されないとは限りません。

 

②警察から呼び出しがあったのですが、出頭しないと逮捕されますか?

直ちには逮捕されませんが、逮捕される可能性は上がります。

出頭しないことが繰り返される場合には、逃亡のおそれなどがあるのではないかと疑われます。そのため、逮捕の可能性が上がるといえます。

警察からの出頭要請があった場合で、どうしても時間帯の都合がつかない場合などには、日時をずらしてもらえないか依頼することが無難といえます。

 

③逮捕された場合、家族と連絡とれますか?

原則として取れません。

逮捕されていると、ご家族の方は面会することができません。また、本人が携帯電話を持っていても、中で使用することができないため、電話連絡もできません。

連絡を取るためには、弁護士を通してやり取りするほかありません。

 

大津など滋賀県で関係者が警察や検察に逮捕されてお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご連絡ください。弊所では、大津など滋賀県内の事件について、刑事事件・少年事件だけを専門に取り扱う弁護士による無料の法律相談を行っています。関係者が滋賀県で逮捕されてしまった場合でも、最短当日に、弁護士が直接本人のところへ出張面会しに行く初回接見サービスもご用意しています。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー