無実・無罪を証明してほしい

1 やってもいないのに犯人にされてしまった(冤罪事件)

冤罪とは、本当はやってもいない犯罪について、犯人として処罰されてしまうことを指します。

冤罪が生まれる原因の一つとして、自白の強要という問題があります。

自白については、どのような場合に証拠になるのかなどについて、他の証拠とは別の特別な規定が置かれています。

しかし、自白が最も証拠としての価値が高いものとされています。その理由は、「まさか自分に不利な、とくに自分が犯罪者になるような嘘を言うわけがないだろう」という考えがあるからです。

しかし、実際は、取調べや身柄拘束が辛くて早く今の状況から解放されたい、嘘でも警察が言うようにすべて認めた方が罪は軽くなるのではないかといった心理に陥り、嘘の自白をしてしまうこともあるのです。

一方で、捜査機関からすれば、自白が取れると、後の捜査や裁判がやりやすくなるので、積極的に自白を取ろうとしてきます。

また、一度自白してしまうと、後から嘘の自白だったと裁判などで信じてもらうことは極めて困難です。自分がやったなどという嘘をつくことは考えにくいという経験則と、裁判が目前に迫って怖くなったであろうという推測がこのようなことを生み出します。

 

2 冤罪を撲滅するためには

(1)取調べについての適切なアドバイスで冤罪を防ぐ

冤罪を防ぐには、何より自白をしてしまわないことにあります。

自白をしないにしても、完全に黙秘するのか、やってないということを積極的に言っていくのか、これはケースバイケースです。

 

(2)違法・不当な取調べを阻止して冤罪を防ぐ

自白を取ることができないと、捜査機関は長時間の取調べを行い、精神的に追い詰めて自白させようとします。

また、場合によっては暴力や警察官などの捜査機関が嘘を付くことによって自白をさせようとすることもあるかもしれません。

このような違法・不当な取り調べに対しては、録画の申し入れや捜査機関に抗議を行うなど、適切に対応することが可能です。

 

(3)違法・不当な取調べがあったこと(自白は虚偽であること)を裁判所で主張して冤罪を防ぐ

一度自白してしまうと、嘘の自白だと裁判で信じてもらうのは困難です。

しかし、裁判の場で裁判官に対して諦めずに主張していく必要があります。裁判官に信じでもらうためには、弁護士に依頼して説得的な主張をしていくほうがいいでしょう。

 

(4)自白が嘘だとわかる証拠を探して冤罪を防ぐ

いくら嘘の自白をしてしまっても、アリバイとなる証拠が発見されれば、それだけで十分自白が嘘だと信じてもらうことが可能になります。

そのためには、有利な証拠を集める必要があります。

しかし、実際に証拠を収集することは、想像以上に困難なものです。
そういったときにも、法律の専門家である弁護士に助けを求めることは有効です。

 

大津など滋賀県で警察や検察などの捜査機関から犯罪の容疑をかけられてお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所までご連絡ください。弊所では、大津など滋賀県内の否認冤罪事件について、刑事事件・少年事件を専門に取り扱う弁護士による無料の法律相談を行っています。関係者が滋賀県で逮捕されてしまった場合でも、最短当日に、弁護士が直接本人のところへ出張面会しに行く初回接見サービスもご用意しています。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー